2010年07月05日

ペットロス症候群を慰めるペット霊園

ペットの供養自体は昔から行われており、例えば縄文時代の遺跡からの犬の埋葬跡が発見された事例がある(ペット、柴犬、縄文時代を参照)。これらは、居住地の近くに土葬をするのが普通だった。また、古代エジプトでは、猫のミイラも発見されており、愛着を持っているかの道具として有用動物を丁重に埋葬の習慣は、世界各地で模索されている。 しかし、現代のペットの家族化(→コンパニオンアニマル)に応じて、ペットが死んだとき、人間のように祭祀(葬儀、位牌、仏壇)埋葬を希望する人が増えている。これらの要求に応じて、ペットに法事のサービス業態化や、ペット墓地の整備が行われるようになった。 ペット霊園の埋葬では、人間の埋葬のように火葬、骨壺の埋葬、49日などの法要するサービスを提供する場合が多い。欧米でも、ペットの墓地に埋葬の風習もみられ、ここでは、土葬ですが、専用の棺あるいはエンバーミングさえ見える。 また、ペットはないが、動物園で死んだ動物を供養するための慰霊祭が行われており、他にも屠場の食用家畜の供養や、保健所で保護期間が切れて処分される動物の霊を慰める供養が、定期的に行われている。 社会的位置付けと意義 は、主にペットを失った人々の満足のためにサービス産業での宗教活動は許されない。ペット供養の事例などは、収益事業へ当たりうるという判例があります(最判平成20年9月12日判示2022-11)、宗教法人の宗教活動に対する非課税の権限ペット供養の収益には適用されないことができます。しかし、ペット供養、独自の法律上の定義は未定だ。 しかし、ペットに対する思い入れの強い人は、ペットを失ったストレスから、一般的にペットロス症候群と呼ばれる状態に陥ったこともある。
posted by takako21252 at 18:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。