2010年07月07日

霊廟や納骨堂のロッカー骨壷

墓に石塔がされてきたのは仏教の影響との関係が強い、近世江戸時代あたりからであり、その前には、体の燃焼されず、埋葬石塔もなかった("遺体埋葬非建立"型)。また、浄土真宗の地域と東海では、伝統的に火葬をしている石塔は建立されなかった(遺骨埋葬/非埋葬非建立形式)。このように、柳田が言う「単墓制」「両墓制」というのは特に"遺体・埋葬・建立型"に限っては、議論の葬式かと祭地が空間的に隔たっているカテゴリにすぎず、日本全国の様々な墓制の歴史的変遷対応するためには無理があるという批判である。 また、沖縄県・南西諸島は、埋葬ではなく、本土の墓制との議論は難しい。風葬参照して(今も沖縄の一部は、墓はただの納骨所に祭祀の対象とされていない部分も存在する)。宮古島、石垣島の崖下墓があり、宮古島市島尻には、3つの郭が、石組み、グスクで囲った大きな墓(長墓)が、多くの白骨このしている祭事が行われたことに。最近の科学のメスが入ったとなっている。 近代以降の墓 住宅街に囲まれた都市の墓地(明石市)の戦前まで、自分の所有地の一角と隣組などのお墓を建てる場合も多かったが、戦後は、基本的に"○○霊園"などの名前を持つ地方自治体による大規模な公園墓地を除いては、寺院や教会が保有管理していることが多い。都市では墓地用地の不足に霊廟や納骨堂のロッカー骨壷を安置形式の、いわゆるマンション式に登場している。また、地方自治体や寺院などの墓地や地域の共同墓地に墓を建てる場合は、使用権(永代使用権)に基づいて使用料(永代使用料)や管理費などのコストがかかることがほとんどである。金額については、その取付人によって異なる。 人々は、生前に自分の墓を購入することができます。これを寿陵(寿陵墓)逆修墓だという。また、自分の与り知らないところに付与される形式的な事後の名前を厭わない、自らの意思で受戒して、戒名を授かることもできる。このような場合には、墓石に刻まれた戒名は、朱字で記されて死後の戒名と区別される。 現在、日本では火葬後の遺骨を墓に収納する方法が重要であるが、土葬も、法的に許可されていません(一部の地域の条例を除く)。詳細については、土葬を参照してください。
posted by takako21252 at 15:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。