2010年06月29日

最も一般的な日本の仏教の葬儀

大名の葬列、『日本の礼儀と習慣のスケッチ』で、1867年出版の創価学会の葬儀は友人葬の項目を参照。 日本の葬儀のほとんど仏式(葬式仏教)で行われる。 1635年(間に12年)頃、日本人全体の近くの寺に帰属させる寺請制度が開始され、1700年(元禄13年)年頃には、位牌、仏壇、戒名などの制度が導入され、葬式に僧侶がつくようになった(それまでは"葬式組"と呼ばれる村落共同体のグループの葬式を仕切り、棺や装具を作成して炊き出しをしたりしていた)。 浄土真宗、日蓮宗を除いて、日本の伝統仏教では葬儀は死者に対する授戒成仏が主な意味を持っています。つまり、死者を仏弟子これにするように発心者で考えられている戒を授け成仏させるための儀式である。 浄土真宗では教義上、無戒のため授戒はなく、仏徳を讃嘆し、故人を偲びながら報謝のまことをささげる儀式がされている。迷信を忌む宗風の日や方角の吉凶を選ぶ、守り刀、逆さ屏風、左前の死装束、北枕、六文銭の副葬、振り塩(下)のような風習は、原則的におこなわない。 日蓮宗で法華経を受持すること自体が既に系を維持することで、死後再受戒しない、地域によっては、通夜時に受戒作法をすることもある。 葬式のときに祭壇を見る葬儀の流れは宗派や地域によって多少異なりますが、大まかな流れは、まず死後すぐに枕経を行う湯灌(遺体を拭き、きれいに)をした後上で納棺し通夜を実施する。翌日の葬儀および告別式を行う火葬・拾骨(または土葬)する。現代においては、会葬者が頻繁に集え、または会場が葬儀場で行われることなどから本来7日後の処理初七日を継続して行うことが多い。初七日は火葬を終えて家に帰る途中に所属寺院(位牌)に寄って起こるのか、家に来て環骨の都市の経済を兼ねて開かれる場合が多い。有名人などの葬儀に密葬の間に本葬している場合は、本葬後初七日の場合もあり、この場合は死後7日以上経過した場合でも、初七日に法要が行される。 遺族は、死亡者の追善を7日間隔で49日間行うこととされ、この期間は、中有または中陰と呼ぶ。初七日はその最初の法要である。現代は、この7日あたりの法要全実行することは稀初七日と七七日法要だけをしている永代供養が多い。ただし、一部の地域では初七日と七七日までにすべてができるよう、参加者の利便性を優先し、土曜日及び日曜日の法要をずらすことができます。七七日法要は一般に壇払いまたは壇引きと呼ばれるもので、死亡者の遺骨と位牌が安置されていた中陰壇を取り払うことでこう呼ばれる。壇払いを済ませると服喪期間が終わった後、遺族は日常生活に戻る。
posted by takako21252 at 18:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。