2010年07月09日

新車の霊柩車の価格は約2,000万円

霊柩車の棺になる部分は、壁や天井部分の極楽浄土を描いたもので、木彫りの蓮の花などが描かれている。 元の基本的な車両が高額である、架装による補強がほぼすべての職人の手作業なので、より高額であり、新車を購入すると、約2,000万円と言われる。 金細工や銅細工、白木、金箔や漆などの水分に弱い材料が多く使用されていることから、雨天時の葬儀は、透明なビニールのカバーをかけて運営されている。 外国人観光客は非常に物珍しく見せて金細工の装飾が日本らしさの象徴として備えのために中古車の購入の輸出をしようとする人もいる。 もし、中古車も高額で取引されているうえ、使用が制限されるので、会葬事業者間で販売されていることがほとんどであり、一般市場に流通されることはほとんどない。 洋型霊柩車ある程度以上の大規模なステーションワゴンや高級乗用車を改造した独特の装飾での葬儀の馬車の金具を模した装飾が荷台部分に装着されている。 "リムジン型"と呼ばれる場合も多い。車体色は黒塗りも多いのですが、最近ではパールホワイトとシルバーがやや増加する傾向がある。多くの(架装時のボディパネルの繋ぎ目を隠すために、等から)のレザートップです。会葬者や家族が同乗できるように、後部座席が付いている車は、最前列の3人乗り(いわゆるベンコラ)の仕様である。 特に、霊柩車架装部分は非常に重量があるので、ある程度の架装までの強度を確保することができるフレーム式のことができる車種をベースにしたものが多かったが、いわゆる高級車にも、モノコックボディの車両が増え、宮型架装に対応強化する必要が高額になった。ほぼ同じ時期に、架装の割合容易な洋型霊柩車が増加した。
posted by takako21252 at 15:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。